Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


RECOMMEND
オリジナル・サウンド・トラック「ブレイキング・アンド・エンタリング」
オリジナル・サウンド・トラック「ブレイキング・アンド・エンタリング」

アンダーワールド&ガブリエル・ヤレド,アンダーワールド,ガブリエル・ヤレド

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

CATEGORIES

FEED

MOBILE
qrcode

OTHERS
 
原作、先に読むか?後から読むか?
| Book | comments(2) | trackbacks(0) |
花火





題の通りなんですが、



原作あるものが映画化やドラマ化される時っていうのは、大抵原作を先に読みたいと思われる人が多いのでは・・

また、映像化しようと思った理由のひとつに、原作がヒット→映像化というつくりかたが商業的にもあまりリスクがないのかなぁと。





しかし、最近、全く別モノとして見た方がいいのでは・・・?と考えるようになりました。


白夜行原作白夜行ドラマ






そもそも、なぜこんなことを思うようになったのかというと、

現在、木曜夜9時にTBS系列にて放送されている、白夜行というドラマ。

原作は99年に刊行されていますが、読んではいなくて。

ドラマを4話まで見終えたところです。

そしてドラマの途中で原作を読み始め、追いつき追い越しました。







ドラマを見る限り、この物語は

被害者の男の子供と加害者の女の子供を軸に、

何故こんなことになったのか、何故こんなことをしなければならないのか。

ふと湧き出た水が流れ出て、何本もの支流になり、広がっていく----------





しかし、原作は推理小説。

淡々と進むなか、次々に起こる事件の紐をたぐり寄せると実は一本になる----------という・・











小説と言うのは、読む方々が何十万人いたとしたら

何十万通りの解釈の仕方があると思ってます。



その「何十万分の二」の(敢えて約分しませんが)

脚本家とプロデューサーの解釈を今回ドラマとしてやるつもりで

今回台本を作っています。



だからこそ、原作を読んだ方にも

今から読む方にも二度美味しいと思っていただけたら幸いです。



なるほど、こういう角度・こういう解釈で描いてきたかと思って

いただけるような作品を目指すべく頑張って

3月末まで走りつづけますので







白夜行のプロデューサーの言葉のとおり

ドラマと原作では視点が180度違います。





そもそも、原作を読んだ人が「原作の方がよかった」という時って、

やっぱり少なからず自分が読み、解釈したものと違うからだと思うんです。





わたしはドラマの中で繰り広げられる主人公二人の感情や心情が激しくぶつかり合うそれに打たれるものがあって、原作を手にとってみたんですけれど、原作は全くといっていいほど、情感があらわにされていません。

二人のやりとりすらまだ(4章時点では)出て来てませんから。





これから、原作を先に読もうか、ドラマを見終えた後にまた読み続けようか、

かなり悩むところです・・・
0
    スポンサーサイト
    | - | - | - |
    0
      << 目には歯を水心 | main | Proof of my favorite >>
      Comment
      2006/02/06 5:47 PMマメリ
      初めまして。マメリと申します。

      私はこれまでホワイトアウトや、模倣犯、姑獲鳥の夏など読みましたが、どれも原作のみで、映像化されたものは見たことありませんでした。
      テレビをほとんど見ないので、白夜行も小説だけでしたし・・・。でも7A様の記事を見て、ドラマを見て違う世界を見てみるのも楽しそうだなぁと思いました。
      週に1時間でもテレビを見ればいいほうの私には、毎週ドラマを見ることは出来ないけれど、DVDとかになってるほかの作品を今度見てみようと思います☆
      2006/02/06 6:08 PM7A
      コメントありがとうございます。
      HP拝見しましたけど、たくさん読んでらっしゃるみたいですね!!


      原作が映像化される時って、よく監督の方が
      「ファンの方の期待を裏切らないように」と言ってますが、良い意味で裏切ってくれるならそれでも私はいいと思っています。
      多分、原作者さんもそれを望んでるんではないかと、勝手に解釈しています★
      機会があれば是非みて見て下さい。
      全く別ものだと思いますよ










      Trackback
      この記事のトラックバックURL