Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


RECOMMEND
オリジナル・サウンド・トラック「ブレイキング・アンド・エンタリング」
オリジナル・サウンド・トラック「ブレイキング・アンド・エンタリング」

アンダーワールド&ガブリエル・ヤレド,アンダーワールド,ガブリエル・ヤレド

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

CATEGORIES

FEED

MOBILE
qrcode

OTHERS
 
琴線ソラミレド
| Book | comments(6) | trackbacks(0) |






最近、涙腺ゆるみっぱなしです。



駅のホームで電車を待っていても、HMVで試聴していても、お昼なに食べようか悩んでいても、CMを何気なく眺めていても、



おもわず泣きそうになることが多い。





空見ても。





「あー青いなー」





そうおもった時点で アウト!





なんだかなー。







とゆーのも、これが悪いんだ

角田 光代の短編集「だれかのいとしいひと」



そもそも、この本の紹介文からして、喧嘩売ってるとしか思えない。



どうにもならない恋ってあるの?

仕事も何となく続けているし、恋愛もいくつか経験した。

将来も見えてきたような……

そんな負け犬予備群が主役の珠玉の八篇を収録






そんな ってなんだ!

負け犬 ってなんだ!





思いっきり売られてんのに、思いっきり買って

こてんぱんにヤられてるのが

ここに一名。





なんでかなー。











人によれば

「これのどこが?」とか「なにがいいのか?」とか「どこで泣けるの?」とか、



同じ人でも

過去の自分と、今の自分と、未来の自分とで

感じ方や捉えかたが違うとか、



そういった

偶然の、何気ない、とりとめない事柄ばかりの

角田光代が書いた「だれかのいとしいひと」は

これほどにもわたしの琴線にひっかかり、

揺さぶられ、

同じフレーズを、同じワードを

なんども何度も

繰り返しては読み、

読み返しては反芻し、



その何気ない偶然のひと事が、

さも意味のあることだと思うのではなく



ただ、その言葉が、

その言葉のかたちだけで、わたしを

とりとめるのです。








0
    スポンサーサイト
    | - | - | - |
    0
      << 小春様々 | main | 下を向いて奏でよう >>
      Comment
      2006/04/08 1:50 AMnoel
      あまりに小さな出来事だけが、ずっとどこかにひっかかり、
      いろんな大きなものたちを動かしていたってこと、あります。
      第三者はもちろん、自分もぼんやりとしか気づけなくて、
      なすがままになってしまう歯がゆさ、みたいな。
      2006/04/08 6:05 PM7A
      コメントありがとうございます


      実はまだ最後までちゃんと読めてないんです(笑)


      こうしよう、と思っていてもおかしな方向へ進んで行っている時に、提示されていることははっきりしているのに、答えがはっきりしないもどかしさが余計にはっきりさせたくて、とりとめられてるんだと思います


      2006/04/13 1:21 PMnoel
      なるほど。私は逆かもしれません。
      正しいと思える答えに向かって進んでいるのに、
      何かがひっかかって、
      すべてをかなぐり捨てて突き進めないんです。
      それで、仕事もプライベートも
      全部を投げ出したくてひきこもりたいという
      衝動にかられてしまいます。
      2006/04/13 7:31 PM7A
      確かに。
      わたし自身も根っからのインドアな人間ですから、
      しょっちゅうクローズドしてますけど(笑)

      でも、どんなに塞ぎこんでいても、
      さいごに願うのは、突破口というか、新しい道だったり光だったりしませんか?
      わたしはそう思いますし、そう願います。



      『だれかのいとしいひと』の解説に
      「あきらめが悪い人が、角田光代の描く人物の特徴だ」とありました。
      まさにその通り!とわたしは苦笑し、そして角田光代自身のあとがきで満たされました。


      「あのときの「ばっちり」な感じは
       今でもそのまま思い出すことができる。
       そのすべてが夢だったとしても。
       そうして実際すべて夢だったとしても、
       ぜんぜんかまわない。
       すぐにでも思い出せるあの気分は、
       けっして失われない。」

      2006/04/17 10:18 AMnoel
      仰るとおりです。
      ホントは新しい光を一番に見たいくせに、
      未練がましい自分に酔っているだけなんでしょうね。

      あのときの「ばっちり」は、
      そうしようと思ってできたものではないからこそ、
      ただただ、すてきなのかもしれません。
      それ以上でもそれ以下でもなく、
      しがみついたからといって、何も出てこない。
      次の「ばっちり」を作らないとですね。

      なんだかすっきりしました。
      2006/04/17 1:33 PM7A
      すっきりしましたか!?
      よかったです!


      わたしはずっとすっきりしなくて
      ずっとずっと
      何かがひっかかって、進んでは振り向き、
      振り向いては止まってしまうんだろうけど、

      そこで全てをはっきりとさせる答えが
      いちばんな「答え」なんじゃなくて、
      ぼんやりとでも、また
      一歩、歩きだせたらなぁと思います。
      時々とまることもあるけれど、
      自分の足で歩いていることに変わりはないのだから。









      Trackback
      この記事のトラックバックURL